格安葬儀を行うための優良業者ガイド

失敗しない格安葬儀業者選びのために

葬儀費用を安く抑えたいなら、業者選びがキモ

葬儀に関わる費用は、大きく次のように分けられます。

  • 葬儀費用(儀式)…葬儀業者によって大きく違う!
  • 接待費用(料理、飲み物、返礼品など)……出席者の人数によって変わる。
  • お布施(僧侶へのお礼代)▪手当て費用……料金はほぼ一律。続柄によってかわる。
  • 香典返し費用……参列者の人数によって変動する。

葬儀費用以外は、参列者の人数や相場によって、おおよその金額が決まってきます。つまり、格安な葬儀をしたいと考えるなら、葬儀費用を抑えること。そのためには、格安な葬儀業者を選ぶことです。

そこで、東京近郊で安く葬儀をお願いできる業者をピックアップして比較、ランキングにしてみました。

葬儀とお金、無知はトラブルのもと!

安くてよい葬儀業者探しというのは、これがなかなか難しいのです。普段から葬儀について考えている人はあまりいないと思いますが、それなりの知識がなければ、予想外のトラブルが起きたりします。例えば、「病院が指定しているから大丈夫」だと安易に葬儀社を決めたり、基本料金の安さだけで判断してしまい、内容が悪かったり、追加料金が発生してしまうなどということもあるそうです。

私は父親を1年前に亡くしましたが、父が生前口ぐせのように言っていた「葬儀に無駄な金をかけるな」という希望を叶えようと、事前にあれこれ調査し、安くて安心して任せられる葬儀業者を探していました。その結果、対応が丁寧で、価格も良心的な葬儀社に巡り会うことができました。

このサイトでは私が取り寄せた葬儀社の資料から厳選して格安で優良な業者ランキングを掲載しています。また葬儀後にしなければならない手続きや、葬儀費用を安く抑えるコツについても紹介していますので是非参考にしてください。

関東圏で増えている格安葬儀の希望者

近年ではお金をかけずにお葬式を行いたいという人が増えてきて、とくに首都圏ではその傾向が見られます。

実際に日比谷花壇がアンケート調査を実施したところ、葬儀にかけられる予算は「50~100万円が理想」と答えた人が多く、4年前に調査した231万円を大きく下回っています。都心部では、地域のつながりの希薄化が進み、葬儀を無宗教で行うことに対する考え方も変化してきているようです。

不景気ということもあり、可能な限り質素に行いたいけど、周りの目を気にしてしまう方もいらっしゃるかもしれません。ですが、全体の傾向として葬儀を安くすませたいと思っている人がいることも事実です。

もし罪悪感のようなものがある場合は、気にせず堂々と希望する葬儀を行えばよいのです。
とはいえ、安かろう悪かろうでは本末転倒です。格安でも満足のいく葬儀ができるようにサポートできればとこのサイトを立ち上げました。ここに掲載されているのは、父親の葬儀を検討するときに、私が集めた資料の集大成です。

このサイトをご覧になったみなさんに少しでもお役に立てればと願っております。

 
ページの先頭へ